FC2ブログ
2009.04.19 Sun - Gram or ous



まぁ、定番の頭スカスカにしても楽しめる話なら良いんだが。
ってか Fergie の Glamorous ってゴシップガールの曲だったのか。

PRISON BREAK も LOST も O.C. も中々動かずに、
Dirty Sexy Money、Brothers and Sisters に続いて
One Tree Hill も Gilmore girls もシーズンオフに
なってしまったが、デスパレートの妻たちは始ったし、
来月には、HEROES の season 3 も始るし、TV先行の
海ドラ勢が徐々に始動してきて楽しみだ。

国産ドラマはコード・ブルーの林宏司が脚本を勤め、
CAST を固めている「BOSS」が気になってはいたが、
どうもいまいち感が拭えなかった。事件・捜査物なら
もう少しだけ、わくわく&爽快感が欲しい所でした。

というか、同じこれ系なら佐々木蔵之介もこっちに
してあげれば良かったのに笑、なんて思ってしまった。
それより堤さんのSPの劇場版はどうなっているんだろう。
あれこそ、近年不作の国産ドラマで唯一の当たりに思えたのに。

ここ数年で僕好みだったのはコード・ブルーとSP、この2つくらい。

とりあえず、一話目は片っ端から撮ってあるので、徐々に見流してみる。
そう言えば、松田弟が東野圭吾の「名探偵の掟」をやるみたいだね。
これも、そこそこ楽しめるくらいは期待しているが、どうだろう。

あ、あとは堂本剛の33分探偵の穴埋め復活版を
まとめて見たんだが、やっぱりこれ好きだなー。
良い意味でチープでコミカルな所が好みでした。

しかし、番組表録画・週録画・HDD録画など便利になったもんだ。

おかげで、昔は消費しなかっただろう時間を食われているような
気もしないでもないけど、より広く・多くの世界を見れるように
なったとも考えられるし、この情報過多の御時世で生きる為には
咀嚼する力を付ける事、そして自分の扱える情報量の「閾値」を
上げる事を意識していかないと、パンクしてしまう恐れがある。

もう、とっくにWebの情報量は「人」の閾値を超えている。
「情報量が増えている事」より「情報量が閾値を越えた事」の方が、
人間の行動に与える影響は大きいとよく言われているが、本当にそう思う。

今は「知れる事」の限界値が異常に上がっている。
そして「安易に知る事ができる」というのが合わさり、
そこに気付いている+知りたい欲求が強い人にとっては
ある種の麻薬みたいな物で、本当にとどまる事を知らない。

情報に至っては、やる気さえあれば、
限界値までは簡単に何でも手に入る。

しかし「これも、些か問題だなー。」と、たまに思う。

何に対しても興味が無い人になれれば、多くの時間が手に入る。
FF7のクラウドのように「興味ないね!」と言い跳ね返せれば!
が、しかし、そうは問屋が卸さぬよ、と言わんばかりの性格で。

当たり前だけど、興味の無い物へはまるで興味が無いんだが、
「おっ、なんだこれ!?」と思う気持ちがとどまる所を知らん。

人の体力も2倍になって、一日が48時間、人生が二倍になれば良いのに。
でも、そうなったらなったで次は4倍、8倍と望んでしまうのだろうな。

まったく、人って奴は・・・って辺りで話を締めておこう。


という事で、車飛ばしてオノ・ナツメ展へ行ってきます。

そうそう、ナタリーがいつの間にか音楽だけでなく
コミック分野にまで手を出していました。

では、また。